2012/09/21 (Fri)  21:42

2泊3日 南八ヶ岳縦走登山の旅 ④

今日は2泊3日 南八ヶ岳縦走登山の旅 ④、ラストですよー。
横岳山頂から下山までUPしていきます。

途中、時間的に赤岳まで行くのは無理だろうと判断。
当初の赤岳を登るルートから、赤岳の手前の地蔵の頭から下るルートに変更(ショートカット)。
登山では潔い決断も必要!

P1000809八ヶ岳
P1000820八ヶ岳
横岳山頂で素晴らしい景色に見とれた後、いよいよ下山。
山頂にいたのは、15分くらい。まだまだ先は長い。。。
下山と行っても登ったり降りたり。


下山は、鎖場やはしごなどなど、怖いところがいっぱい

IMGP3359八ヶ岳
IMGP3364八ヶ岳
IMGP3372モザイク八ヶ岳
しっかり岩につかまって・・・。

IMGP3361八ヶ岳
幅が狭くて怖いけど・・・その分景色は最高!!

P1000851八ヶ岳
これから登るので、団体さんが降りてくるのを待っているところ。登るの大変だった

IMGP3384八ヶ岳
こんな鎖場がずっと続く。もっと急な鎖場のところでムスメが怖がり、親切なおじさんが降り方を教えてくれました。山のおじさんはみんな優しい!

IMGP3388モザイク八ヶ岳
シャキーン!休憩中。ガスってきたので、急がないとー!

IMGP3390八ヶ岳
下が滑るので気をつけながら降りて行く。

IMGP3401八ヶ岳
15:00頃、行者小屋到着。暗くなる前に下山したいのでトイレ休憩したらすぐ出発。

行者小屋からが、ものすごーーーく長く感じて、これ以降はひたすら歩いていたので、写真がありません

ムスメがこのあたりからグダグダになり、5人の大人があの手この手でなだめつつ(笑)
HさんやRさんに「なんか歌ってー」と言われると、「あの地平線~♪」とラピュタを歌い始めたり(笑)、意外に立ち直りも早く(笑)
私も、「もうちょっとだよ!」とか言って励ましてたけど、ホンットなかなか着かなくて私の方が心が折れそうになってました


17:00過ぎ、ようやく下山。
登り始めた場所が見えた時の嬉しさといったら


下山してホッとしながら歩いてたら、「隊長~!」って会う度に励ましてくれてたおばさんが、「頑張ったね~」ってムスメに。「感激しちゃったからご褒美あげたい」って言って、ソフトクリームを買ってくれました
そして、おばさんと記念撮影(Rさんが撮ってくれたから写真はないんだけど)
ずっと応援してくれて、最後まで優しかったおばさんにムスメも感動してた様子でした。
頑張ってたらちゃんと見ていてくれる人がいる、いいことがあるよってうまいタイミングで伝えられた出来事でした。
疲れも吹っ飛ぶよね!

今回の登山は、距離も長くて、下山の最後の方は大人の私もきつかったから、ムスメにとっては相当きつかったんじゃないかと思います。
ホントに頑張ったなって、根性あるじゃん!って見直しましたよ
登山は精神的にも成長するような気がします

辛い~って思ったりもしたけど、あの素晴らしい景色をまた見たいって、思ったりしている自分がいます。
ムスメも、「もうヤダ」って言うかと思ったけど、「今度は赤岳も登りたい」って前向き発言してて、大変だったとは思うけど楽しかったんだろうなー。

ちなみにこの後、諏訪湖近くに予約していた旅館に泊って、のんびり温泉と食事を楽しんでから帰宅しました。
帰る日は雨がチラついてたので、ホントにタイミングがよかった
お天気に恵まれてよかった~


今回は家族だけの登山とはまた違った楽しい登山になりました。一緒に登ってくれたHさん達にはホントに感謝!!
又、機会があればぜひぜひご一緒したいなあ。
その前に、もう少し体を鍛えとかねば。


長くなってしまったけど、お付き合い頂きありがとうございました
スポンサーサイト
2012/09/20 (Thu)  15:31

2泊3日 南八ヶ岳縦走登山の旅 ③

筋肉痛、ほとんどなくなりました!
トレーニングもしてない私なのに、意外に早く筋肉痛が消えて自分でも驚きです(笑)

そうそう、写真いかがでしょう??
NEWカメラと主人のコンデジで撮ったものが混ざってますが、どちらもなかなかキレイに撮れてました
私は「自然がきれいに撮れる」というようなモードでほとんど撮ってます。
少しでもあの感動がお伝えできたらなと思います
ちなみに下山の時は歩くのに精一杯で写真ほとんど撮ってませんほとんど森の中だしね、いいかと。


今日は、南八ヶ岳縦走登山の旅 ③。
硫黄岳から横岳山頂あたりまでをUpしたいと思います。
予定よりも長くなってしまいましたが、④まで続きますのでお付き合いください

P1000696八ヶ岳
硫黄岳山頂でしばし景色を堪能したり、休憩したりして9:30頃出発。横岳山頂を目指します

IMGP3322モザイク八ヶ岳

20分ほど歩くとある硫黄岳山荘で休憩。コーヒーを頂いたり、持参したおやつを食べたり
山で飲むコーヒーは格別においしい
ちなみに、ここのトイレは水洗でとてもキレイ。トイレットペーパーはどこも同じく流せませんが(置かれている箱に捨てる)。

P1000708八ヶ岳
台座の頭あたり。このあたりはコマクサの大群生地らしい。夏にも来てみたいな。

IMGP3331八ヶ岳
これから歩く稜線を下から見た感じ。歩いている人が見えます。

P1000742八ヶ岳
稜線を歩く。空気が乾燥していて、さえぎるものがないので風が強い~。

P1000756八ヶ岳
チラリと富士山が

P1000760八ヶ岳
上の方に人が・・・。やな予感。。。

IMGP3342モザイク八ヶ岳
P1000766八ヶ岳
しばらくはしごや鎖場が続き、怖かった~ムスメはこういうとこの方が楽しいみたいなんだけど。

P1000784モザイク八ヶ岳
11:30頃、横岳山頂に到着(標高2829m)。今回登った中で一番高い場所。

P1000782八ヶ岳
横岳山頂からも富士山が見えた

P1000793八ヶ岳
中央の白っぽい部分が宿泊した赤岳鉱泉。ここまでよく頑張って登ったよね~。

P1000796八ヶ岳
P1000778八ヶ岳
ホントに素晴らしい景色。ついつい無言で見とれてしまいました。

つづく・・・


2012/09/19 (Wed)  17:51

2泊3日 南八ヶ岳縦走登山の旅 ②

昨日より筋肉痛も落ち着いてきました
ムスメは、昨日は「太ももが痛い~」とか言ってたけど、今日はなんともないって
子供の体力はすごい!

今日は、2日目出発から硫黄岳山頂あたりまでをUpしたいと思います。

2日目のルート:赤岳鉱泉→赤岩の頭→硫黄岳→台座の頭→横岳→地蔵の頭→行者小屋→南沢ルート→やまのこ村 約11時間
※予定では赤岳も登る予定でしたが時間の都合でショートカットしてます。



4時半起床、5時半から朝食。朝食は納豆や鮭、ご飯などの和食。
はみがきやらトイレやら準備して、出発は6:30頃。
本当は5:30頃出発したかったんだけど、朝食が5:30からだったので出発が1時間くらい遅れてしまいました。

2日目もいいお天気
ではでは、出発!!

IMGP3249八ヶ岳
朝は寒くて、登り始めた頃はダウン着用。14℃くらいでした。

IMGP3259八ヶ岳
長い階段。
P1000535八ヶ岳
子供だと、手を使わないと登れないくらいの大きな岩がたくさん。軍手が大活躍

P1000579八ヶ岳
ひと際存在感があるとんがった山が赤岳(標高2899m)。(当初は赤岳を目指してました。)


P1000582八ヶ岳
森林限界(高木が生育できなくなる 限界高度)が近づき、気がつけば周りは低い気ばかりに。
どんどん周りの景色が変わってくるのがおもしろい

P1000604モザイク八ヶ岳
8:20頃、赤岩の頭に到着(標高2656m)。森林限界を超えて高木が消えた!
後ろに見えるのは今から登る硫黄岳。あの稜線を歩くんだよ~!

IMGP3285八ヶ岳
先は長いので、休憩もそこそこに硫黄岳を目指して出発。

P1000648八ヶ岳
ちょっと怖い岩場。

IMGP3314モザイク八ヶ岳
P1000672八ヶ岳
P1000676モザイク八ヶ岳
赤岩の頭から30分ほどで硫黄岳山頂に到着(標高2760m)。

P1000693八ヶ岳
私のコンデジ(ムスメに貸し出し中)で必殺自分撮り(笑)

P1000640八ヶ岳
硫黄岳山頂から赤岩の頭の方を振り返ると。頑張ったね~。
すんごいいい景色に感動!!

しばし休憩、素晴らしい景色を堪能して、つぎは横岳山頂を目指します。

つづく・・・

2012/09/18 (Tue)  15:25

2泊3日 南八ヶ岳縦走登山の旅 ①

昨日、2泊3日の南八ヶ岳縦走登山の旅から戻りました~

今全身筋肉痛状態で、ちょっとの段差(特に下り)も「アタタ・・・」となってる状態です
2日目の下山はきつくて心が折れそうになったけど、思い返すとそれもいい思い出。
天候にも恵まれて、頂上での景色は「最高!!」の一言でした
基本大人のペースだったので、ムスメにとっては大変だったと思うけど頑張ってついてきていて(途中グダグダになるシーンもあったけど)、ホントに頑張ってたと思います。
最後には感動のシーンも

ではでは、少しずつ思い返しながら、何回かに分けて記事にして行きますので、素敵な景色をお楽しみください
ちなみに写真は私と主人が撮ったものが混ざってます。


メンバーは、ウチの家族3人、主人の同僚Hさん、Hさんのご主人のTさん、Hさんのお友達Rさん、の計6人。
Hさんご夫婦からのお誘いで、2泊3日の登山の旅が実現しました
コース決めや宿泊場所の予約などもHさんたちがしてくれていたので、私たちはついていくだけという感じ。

ルートは・・・
1日目:やまのこ村→出発→北沢ルート→赤岳鉱泉(宿泊)約2時間半
2日目:赤岳鉱泉→赤岩の頭→硫黄岳→台座の頭→横岳→地蔵の頭→行者小屋→南沢ルート→やまのこ村 約11時間
※予定では赤岳も登る予定でしたが時間の都合でショートカットしてます。


1日目。
7:00頃家を出発して、道の駅こぶちさわで10:30に待ち合わせ。
3連休ということもあり途中渋滞にはまったりもしたけど、10:30前には到着して、Hさん達と合流して初対面&ごあいさつ。
みなさんとても気さくな方たちで、ムスメも早速なついてました

そこから、「やまのこ村」の駐車場へ。
「やまのこ村」までは、ジャリジャリの悪路
駐車場は結構いっぱいだったので、予約しておいた方がよさそうです(ウチはHさん達が予約していてくれてたので安心でした)。
こちらでトイレ休憩(有料100円)、昼食をとり、登山の準備をして12:00頃いよいよ出発

P1000295八ヶ岳
ムスメ、隊長として出発(笑)

P1000332八ヶ岳
お天気に恵まれて、とてもいいお天気

P1000342八ヶ岳
IMGP3214八ヶ岳
P1000363八ヶ岳
P1000391八ヶ岳
まだまだ元気!
すれ違う人が、ムスメに「頑張ってね~」と声をかけてくれてやる気UP!

P1000427八ヶ岳
そうこうしているうちに宿泊先の「赤岳鉱泉」が見えてきました。
楽しく話しながらだったから、あっという間に到着!休憩しながらで2時間半くらいでした。

P1000480八ヶ岳
チェックインして部屋に荷物を置いたらまずはビールで乾杯

P1000492八ヶ岳
P1000494八ヶ岳
山小屋の中。思ってた山小屋のイメージよりずっとキレイ
赤岳鉱泉は、山小屋には珍しくお風呂があります
夕飯前に、ささっとお風呂へ。
シャワーなし、石鹸、シャンプーなど使用不可だけど、汗を流せるだけで幸せ~

P1000511八ヶ岳
夕飯はステーキ!
山小屋でステーキが食べれるなんて
とっても美味しかったですよー。

P1000513八ヶ岳
予約してくれていたベッドと布団がある個室。
部屋もとてもキレイ。6人みんなで1部屋に泊ります。

P1000504八ヶ岳
P1000507八ヶ岳
部屋の窓から見た夕日がレイだったなぁ~。
テント泊の人たちもたくさんいて、山小屋の前には色とりどりのテントが。

写真では撮れなかったけど、空気が澄んでて星空もめちゃくちゃキレイだったー
外はフリースやダウンが必要なくらいの寒さでした。

この日は、翌日に備えて早々に就寝。ちなみに8時過ぎ
早すぎるなーと思ってたけど、あっという間に寝ちゃいました(笑)


つづく・・・



 HOME 
プロフィール

Author:kyonhappy
ご覧頂きありがとうございます★

kyonhappy
主人
ムスメ:13歳